うっかり忘れにさよなら?公共料金もこれで安心!

クレジットカードで公共料金を支払う

毎月の公共料金の支払いは支払用紙で行っているというそこのアナタ!支払うのを忘れて督促状が届いたことはありませんか?忙しいとついつい用紙が届いていたことを忘れてしまい、支払いが遅れてしまうこと、ありますよね。実は、クレジットカードを使って公共料金を支払う方法があることをご存知でしょうか。取扱会社によって出来るところとそうでないところがありますが、もし可能であれば、申込用紙にカード情報や個人情報を記載し、郵送すれば手続きの後、毎月の使用分がカード会社から引き落とされます。もちろんその分、ポイントも貯まるので、現金で支払うよりもおトクです!
最近は家賃などもクレジットカードで支払える場合もありますので、是非一度、検討してみてはいかがでしょうか。

自動送金の手続きをしよう

公共料金は、自動引落や前述したクレジットカードでの支払いに対応している場合が多いですが、個人の大家さん等、戸別に口座を持っている方に対しては、家賃を払う際、どちらも使用できない場合が多いようです。しかし、銀行で自動送金の手続きをすれば、同じ口座に固定額を送金し続ける手続きをすることが出来ます。インターネットバンキングシステムをお持ちの方なら、そこから手続きをすることも出来る場合がありますが、もし無くても大丈夫!窓口にご自身がお持ちの通帳と銀行印を持って行き、必要書類に記入するだけで、手続きを済ませることが出来ます。
銀行によっては最長10年間有効な手続きなので大変便利です!
ただし、必要無くなったら、解約するのをお忘れなく。